状況を冷静に分析

日常生活を送っている中で、人身事故に出くわす可能性は決して低いものではありません。
車やバイクを運転する人であれば、人身事故の加害者になる可能性は十分にあります。
また歩行者であってもどんなに注意していても人身事故に出くわし被害者になってしまう可能性があります。
このように思いがけず人身事故の加害者や加害者になってしまった場合、どのようなことになるのでしょうか。

たとえば人身事故を起こして加害者になった場合、まずは被害者となった先方に誠意をもって謝罪することが重要です。
また人身事故を起こしてすぐは精神的に不安定になりがちですが、まずは落ち着いて自分が今、置かれている状況を冷静に分析します。
そして自分の起こした事故の責任についても理解することが大切です。
自分の置かれている状況を把握せずに被害者に謝罪することはかえって被害者の心情を逆なですることにもなりかねませんので注意しましょう。

被害者の怪我の状態によっても違いますが、被害者への見舞いはなるべく早いタイミングで行うといいでしょう。
そして補償について自らの判断だけで約束したり、現金を手渡すことはせずに、まずは被害者の身体や精神の状態を把握することが大切です。
そして今後の補償については保険会社に任せるといいでしょう。

起こしたくて起こす事故は一つもありません。
また事故に遭いたくて自分が被害者となり大事な身体を傷つける人もいません。
きっかけはほんの些細な出来事です。
しかし起こってしまった事故はどうすることはできず、後はどう対処するかにかかってきます。
まずは自分が加害者の場合には人身事故加害者としての責任をしっかりと受け止め、しっかりと罪を償うことです。

Copyright © 2014 加害者と被害者 All Rights Reserved.